スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSIC MAGAZINE 2010 8月号

行川和彦氏の“りある”インディ盤紹介 Do It Yourself!でも紹介していただきました。

石田順治(vln)登敬三(ts bs 他)植田秀哉(p メロディオン)による関西拠点の犬楽は、サード・アルバム『カセキノユメ』(極楽サウンド GS1002)を出した。
簡潔なセルフライナー付の約49分8曲入りである。ジャケットとCD盤面の画を描いた絵師/彫刻家・濱田亨の作品にインスパイアされ、湧き上がってきた濃度の高い情感を曲にしてレコーディングを敢行。
東欧民謡やジャズに加えて現代音楽も忍ばせたような、もの悲しい旋律とさりげなく複雑なテクスチャーの曲にユーモアとペーソスがまぶされ、飄々と優雅にスウィングしていく。
艶やかな音でのなめらかな演奏が色っぽく、敷居が高い高尚な雰囲気ではないにもかかわらずいい意味で格調が高く、なにしろ躍動する”ビート”に目が覚めるのだ。
エミール・クストリッツァ監督の映画『アンダーグラウンド』で使われいた曲のカヴァーのラストも、静かなる感動を呼ぶ。
スポンサーサイト

CDジャーナル2010 8月号

CD”新譜試聴記”で紹介していただきました。
★をいただきました。

関西を中心に活動するヴァイオリン(石田順治)、ピアノ(植田秀哉)、サックス(登敬三)からなる犬楽の3作目。今回は松山出身、パリ在住の絵画、彫刻家である濱田亨の作品からイメージを膨らませた作品。どこかミュゼット風のお洒落感が顔を覗かせるのがご愛嬌。★ (渕)

CDジャーナル

CDジャーナル8月号の”CD新譜試聴記”のページに載りました。
★をいただきました。ありがとうございます。
以下原文

関西を中心に活動するサックス、ピアノ、ヴァイオリンという編成のユニット、犬楽の2作目。
変わった編成だが、ジャズをベースにジャンルを超越した演奏を聴かせる。
ある種大道芸的であり、人情コメディアン映画のサントラ風でもあり、営みが見える描写に惹かれる。★ (渕)

MUSIC MAGAZINE

行川和彦氏のインディーズ盤紹介のページに掲載されました。
以下全文です。

石田順治(vln)登敬三(s他)植田秀哉(p他)による関西拠点の犬楽の『あやしい人達』(極楽サウンドGS0901)は、室内犬管弦楽団名義で出したファーストに続く4年ぶりのCD。
トルコ民謡の「RompiRompi」を熱く演奏し、オリジナル曲からも東欧民謡風の胸を打つ切ない旋律が聞こえてきて、ロマンチックな曲あり、頓智の効いた曲ありで、鮮やかな音像だから全体が映画のようでもある。
ソロ・パートを設けつつ3人のせめぎあいも聴きどころで、何しろ音が力強いのだ。
セルフ・ライナー付の約51分9曲入り。

2ndCD"あやしい人達"

26842902_342039375.jpg

ジャズでもなく民族音楽でもなくクラシックでもなくポップスでもなく現代音楽でもなく即興でもない古今東西無国籍楽曲即興的演奏集団”犬楽”。
待望の2ndアルバムは聴き応え充分!官能的なバイオリンと繊細なピアノと圧倒的なサックスがあなたに迫ります。

石田のI、登のN、植田のUの頭文字で犬楽(INUGAKU)という事になっております。
私、サックス担当のNと申します。
そもそもこのバンドが出来たきっかけというのは、あれは忘れもしない2003年の年の暮れ。
クリスマスだというのに仕事が無い私は、少し前に入院先の病院から脱走したピアノのUに見舞ついでに仕事が貰えないかと電話したのが始まり。
「もう一人入れて3人でやらへんか?」という事で、バイオリンのIさんと3人で京都木屋町のバーでクリスマスに演奏しました。
バイオリン、サックス、ピアノという変わった編成。これが新鮮でまたやろうという事になりました。
それからバンド名(室内犬管弦楽団)も付いて、ツアーに行ったりして1stCDも2005年にリリース。
その後も演奏を重ね、2枚目をすぐに作ろうという事になったのですが、なかなか曲が揃わず4年もかかってしまいました。
前作よりも曲数、オリジナル曲共増え、聴きごたえが増したかなあと自画自賛しております。
バンド名も"犬楽"に変えたこの新作をどうぞお楽しみ下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。